あっきーの日々成長ブログ

素戔嗚さん他、神様方が強調したい所はフォントが違うようなのでスマホでの閲覧推奨です。

大祓祝詞と古事記と日本書紀②

素戔嗚さんは、ただ黙って私の聞いていた。

私はそのまま『生剥(いきはぎ)』についての解説をする。





あ「んでさ。素戔嗚さんが皮を剥いで投げ入れた天斑駒(あめのふちこま)なんだけど。

コレ二つの意味が込められてると思うのね。

一つは、音に敏感だから常に聞き耳を立ててるというこのお馬さん。

素戔嗚さんが放り投げたのは、実は鹿なのに敢えて『天斑駒』って書いてあるような気がしてさ。



馬の解説は後でするけど、コレはまず

『(噂話などに)聞き耳を立てて適当な仕事していた機織女』に

灸を据える意味で投げ込んだんじゃないのかな。

畔放とかもそうなんだけどさ。一般の人が普通に聞いたら

灸を据えるにしてもやり過ぎだ、ってしか思わないかもしんないけど

実は宇宙の法則や天津罪としては、『殺人者よりも怠け者の方が罪が重い』んだよね…

しかも他の仕事まで合わせると、天照さん一柱でどんだけの仕事をこなしてたか解りゃしん、って感じだしさ。



普通の仕事とかでも、一人減るだけでめちゃくちゃしんどくなる職場がある事を考えたら

天照さん、どんだけ無茶してたんだろうね……

天照さんて神様方がロクに仕事をしてなくても、注意するとかではなく何も言わなかったらしいじゃん。

…あたしは、あたしが無茶しようとすると素戔嗚さんがむちゃくちゃ叱るのを知ってるもんだから

天照さんの件は余計に怒れたんじゃないのかなって思ったんだよ。

八百万の神々がよく罪を理解せず』っていう記述もあるくらいだし…」



素「…殺人者よか怠け者の方が罪が重いって事、よく調べられたな…」



あ「………あたし個人としては複雑だけど、理屈は何となくでも解るからね…。

…あとさ、『天斑駒』の方なんだけど。

素戔嗚さんが放り投げたのは別な生き物なのに、不比等さんが敢えて『天斑駒』って書いたのは

読みじゃなくて『天』『斑』『駒』っていう漢字にあると思うんだよ。



『斑』ていう字をバラすと『王』『文』『王』で読めるでしょ。

天武天皇持統天皇』っていう二人の『天』の『王』に挟まれて

『文』を書かされてる『駒(こま)』ってのは、不比等さん自身を表してるんじゃないのかな。

その『皮を剥いだ』『駒』を『機織女』のいる所に投げ入れる、は

こじつけって言われてもしょーがないんだけど

瀬織津姫の真相を解いてくれ』っていう風にも取れるんだよね。



ココに至るまで、色んな所での素戔嗚さんに対する誹謗中傷を沢山見てある意味確信した事なんだけど、

こんだけ沢山の人が鵜呑みにしてる現実を見ると

持統天皇だって同じように受け取ったという事が、何か容易に伺えるような気がしてさ。

でも『自分の物差し』を持ってる人達はやっぱりこの記述に疑問を抱き、自分なりに分析してるのを見てて

これが『暗号』になってる事はやっぱ間違いないな、とは思った。

あたしの分析が合ってるかどうかは別として

どっちみちこれらの記述は『鵜呑みにしてはいけないよ』って事を訴えてるんだと思う。」



素「…確かに、鵜呑みにするのはマズいけど

お前のその解釈て、こじ付けもイイとこじゃね?^^;」



あ「ああ、うん。これはあたしが勝手にそう思ってるだけだから

こじつけって言われてもしょーがないとは思ってるよ(笑)

…でも、あたし一番最初の三河行幸についてはこじつけでも何でもないと思ってるんだけどな…。^^;

んで次は『逆剥(さかはぎ)』。…正直これは

天上界で堕落した八百万の神に対する皮肉だとあたしは思ってる。



これを『獣(けだもの)』の皮を剥ぐ、と捉えた時

『情味が無い』と『皮』を剥ぐ事から、

『上っ面だけの情味がないヤツらめ!』っていう怒りの感情が見受けられるんだけど…

イヤこれはもしかしたら素戔嗚さんじゃなくて、不比等さんの訴えっていうだけなのかもしれないけど。

不比等さんにしてみれば、自分の周りの人間が全てこういう風に見えてても

何の不思議も無いかなって思ってさ。」



素「………なら、最後の『糞戸(くそへ)は?」



あ「コレなんだけどさ。多分、悪行の中では一番インパクトがある部分だと思うんだけど。

貴方コレやってないでしょ。(笑)

これは不比等さんが訴えたかった事を『それらしく』書き足したとしか思えないんだよ。

だって、『屎』の『戸』でしょ?

この記述の『戸』は、『家』の方の解釈がしっくりくるんだけど

蘇我家を罵るというか、蘇我への呪いをかけてるというか…



あたしの思考回路がおかしいのは承知の上で見解を述べさせてもらうなら、

読んでて何か『蘇我への怨みの念』みたいなニュアンスを感じたんだよね。

投げ入れたのは『馬』になってるし、荒らしたのは『稲』に関わる事が多いし

『杭』も『戸(と)』にも呪いが関係するって話だし

どっかで『蘇我馬子』や『蘇我稲目』を指してるっていう記述も見かけたし…



あとね…『まじない』っていう文字を見た時に、饒速日さんの事が頭をかすめてさ。

大国主さんて『まじない』に関わってた記述もあるわけだし

饒速日さんが地震を起こしただとか、それを持統天皇が恐れて

『封印の旅に出かけた』とかいう記述も見かけたもんだからさぁ…」



素「……でもそれ、お前の理論で言うなら『反転』したんだろ?だったら」



あ「『反転』したから、八百万の神々には

素戔嗚さんのやった事が全部『そのまんま』の意味で捉えられちゃったんじゃないの?

『裏にあった意図が真意』だったのに、

『表にある虚偽の部分』が『真意』になっちゃったって事ではないの?」



素「…それなら、俺やコヤネとか『皆が反転』してるはずだろ!」



あ「違う…『反転』したのは多分『目に見えるもの』だと思う……

…上手く言えないけど…『過去が未来を作る』んじゃなく『未来が過去を作る』とか

『宣言』と一緒で、『宣言する事で先に叶った事にして』

『後からそれが叶う』っていうのと同じっていうか…。



素「意味わかんねー!

……俺の悪行がとりあえず大祓祝詞に組み込まれてるから、お前が調べてたのは解…」



あ「『反転』したから、いつまでも、何千年経っても

『それが真実』みたいに捉えられちゃうわけじゃん…!

『鏡に映った悪行』をそのまま見るから真実が見えないんじゃないの??」



素「…ああ、なるほどそういう事か。

突っ込み所が色々あるんだが、じゃあ最後に『ぼかし』についての解説を聞くぞ。

オマエ何でそう思ったんだ?」



あ「…四神が、封印された神様に当てはまったんだけどさ…。

……………………

瀬織津姫はもう出てるからいいとして、

速秋津姫(ハヤアキツヒメ)は素戔嗚さん

気吹戸主尊(イブキドヌシ)は饒速日大国主

速佐須良姫(ハヤサスラヒメ)は菊理姫………



一応、死ぬほど調べて速佐須良姫が須世理姫スセリビメ)である、という

有力説を捨ててまでの結果がコレなんだけど…。そう思った根拠もちゃんとあるんだよ。

…ただ…ハヤアキツヒメに関しては特に、

あたしは、ブログでは決定打となった根拠までは出せないから

とりあえずオフレコで聞くだけ聞いて欲しいんだけど……それじゃダメ?」



素「…………なるほどな……。まぁ、とりあえず話してみろ。」





…というわけで、ココには書けないのですが

素戔嗚さんに話した所…




素「………お前が述べた日本書紀などによる俺の悪行、大祓祝詞の四神、藤原不比等の事は

半分以上は正解なんだが、どこが正解でどこが間違ってるのかまでは教えない。

ネギデの産土神の解釈も間違ってないし、

俺が多くの人に知って欲しかった部分はオマエ先に書いちゃってるからそれでイイ。

…ただ歴史的な事が関わってるし、その他についての訂正とかは問題も出てくるから

俺はそこら辺のコメントは控えておくぞ?」



あ「……あー、……うん…解った…。」



素「………………………

………………………

……………………

お前の気持ちは解るが、今はそれでいいんだよ。

その代わり、俺はお前が用事の合間を縫ってメモ帳片手に必死で調べた所を見てたから、

オレ的にはそれだけでもありがたいし

お前はお前で自分に関する事が色々と解って少しはスッキリしただろ。

…よく頑張ったな、お疲れ様。

バカのくせに、ホントよくココまで調べたじゃねーか(笑)

お前の携帯もメモ帳もえらい事になってるし(爆)」



あ「……うん(泣)あたし調剤事務の試験の時よか頑張ったかも( ;  ; )

でもすぐ頭から抜けそうだけどね…。

あとさ、ヤマタケさんの謎がまだ中途半端にしか解けてないんだけど

そこはどうしたらいい?このまま続行?」



素「…調べたければ調べればいい。

また今度にしたけりゃ後日ゆっくり調べればイイんじゃないのかな。

今回、オマエ寝る時間も削って調べてたから結構疲れてるだろ。とりあえずゆっくり休めよ。」



あ「……うん……。

……ねぇ、素戔嗚さん。」



素「なに?」



あ「…あたし今回だけじゃなく、

今後またこうやって神様の歴史の謎解きとかもやらされるって事だよね……?^^;

建御名方さんの事とか猿田彦さんの事とか、

今回色々調べてて伏線らしきものがいっぱい出てきた気がするんだけど…。(汗)

何となくは解ってたけど、素戔嗚さんが言ってた『信長さんのお膳立て』の回収をした感もあったし…」



素「…………お前バカのくせに、そういう所だけは鋭いのな。ご名答♪

ただな、今回の事でイヤという程解ったとは思うけど

お前はお前の出来る限りの事をやって、お前なりの真実を突き止めればイイんだよ。

それを見た人が、それに疑問を持って『自分も調べてみよう』って思ったり

『自分も◯◯の事が気になるから調べてみよう!』って関心を持つ事の方が、

真実を突き止める事よりも大事な事でさ。

…それは天津罪の事を調べていて、お前もよく解っただろ?」



あ「……やっぱそうなのか……(~_~;)

もーヤダ!!しばらくは調べ物とかしたくないんだけど!

その間のネタはどんどん溜まってくし、一個調べたらまた別で調べなきゃなんない事が出てくるし、

同じキーワードでも出来るだけ沢山の情報を集めなきゃなんないしで

あたしバカだからメモ帳に殴り書きしてても追っつかなかったんだって!!(TдT)」



素「ははは!でももう解ってるとは思うけど、

『否が応でも調べなくてはならない状況』が今後ちまちま出てくるから覚悟しとけよ(笑)」



あ「…素戔嗚さんいつもソレじゃん…。

でもしばらくはその状況作らないでね(泣)」



素「ハイハイ( ̄∀ ̄)」



あ「…絶対そう思ってないだろ…」








…素戔嗚さんの悪行と大祓祝詞の件はモヤモヤする形になってしまって申し訳ないのですが、

恐らく皆さんが調べてても私と同じ問題にブチ当たってしまうと思うので

敢えて自分も調べてみる、というのはアリかもです……。

とりあえずいくつかのヒントが関連記事に散らばってはいますので、

素戔嗚さんの言葉も含め、調べる時の参考にはなると思います。